好きを仕事にしてみる

昔から、「好きなことは仕事にするべきではない」と言われていますが、それは、そうできなかった人の意見であって誰にでもあてはまるケースではないのだということを覚えておいてください。世の中の多くの人は、「自分の好きなことや趣味にまつわることを仕事にできたなら楽しいのではないか」と考えているのではないでしょうか。自分の好きなことを仕事にすることができれば、ストレスもあまり感じることはないでしょうし、なにより楽しくできるはずだと考え、そうした募集がないかと探している人もいるかもしれません。特に、デザイナーやイラストレーターを志望している人は、スマートフォンやタブレットの普及に伴ってスマホゲームの人気が高まり、デザイナーやイラストレーターの募集が増えていることからチャンスだと考えているのではないでしょうか。

確かに、売り手市場である現在はデザイナーやイラストレーターになるチャンスだと言うことができるでしょう。その際に気をつけなければいけないのは、好きなことを仕事にするのも、楽しく仕事をするのもいいのですが、それが「仕事」であることを忘れないということです。納品期日を守ることはもちろん、依頼内容をしっかり確認してデザインしたり描いたりすることが大切ですし、時には、好みと合わない仕事をしなければならないこともあるでしょうから、それでもしっかり仕事をするという覚悟を持つ必要もあるでしょう。「好きなことは仕事にするべきではない」という言葉は、こうした覚悟ができなかった、覚悟したつもりでいたけれど、それを実行することができなかった人たちが、後進を思って口にしてくれた言葉なのです。

好きなことを仕事にするのは、とても素晴らしいことですし楽しいことでもありますが、それだけではないのだという覚悟をあらかじめしておくことが大切ですし、その覚悟ができてからイラストレーターやデザイナー募集という広告に応募することが大切なのだということを覚えておいてください。